石くれと砂粒の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS さらに特許検索

<<   作成日時 : 2005/12/03 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 技術内容を表す言葉をキーワードにして検索する場合、「公報テキスト検索」の検索項目としては、「発明の名称」、「請求の範囲」、「要約」、2つをまとめた「要約+請求の範囲」があります。要約は公開公報に掲載されると特許公報には繰り返して掲載されませんので、要約で特許公報を検索するのはあまり意味がありませんが、検索項目には「要約+請求の範囲」を選ぶのが無難だと思います。

 「特許公報(公告、特許)」にチェックを入れ、検索項目に「要約+請求の範囲」を選びます。まず初めに検索キーワードに「青色」と「発光」を入れてみます。間にスペースを入れておきます。スペースをいれずに「青色発光」の一語にしてしまうと、例えば「青色に発光する」などといった語はヒットしてくれなくなります。右端の検索方式は「AND」に変えておきます。前回の検索と比較するために2番目の検索項目を「出願人/権利者」として日亜化学をいれて検索ボタンを押します。

 結果は47件と中村氏を発明者として検索した場合の約200件に比べてずっと少ない件数になってしまいます。前回の検索結果で発明の名称の一覧を見ましたが、確かに青色発光ダイオードという名称は少なかったので、請求の範囲にもこの語はあまり使われていないと想像できます。そこでキーワードを発明の名称に多く使われていた窒化物半導体とか窒化ガリウム系とかいった語を意識して見直してみましょう。

 まず「窒化」AND「発光」ではどうでしょうか。150件と3倍に増えますが、まだ200件より少ないですね。「窒化」AND「半導体」ではどうでしょうか。314件とようやく200件を越えました。このような件数の変化が起こる理由を考えてみましょう。

 まず「青色」が少ないのはなぜか。特許請求の範囲には何を書くかというと、まさに発明のエッセンスを書きます。発明というのは例えば「GaNのpn接合を作った」などという手段です。ところが「青色」に光るというのはその結果起こること、つまり効果です。原則として効果は請求の範囲には書きませんから、青色発光という語はあまり請求の範囲には出てこないと言うことができます。手段を言うのに使う語で検索をするのがよいということが分かります。

 大体感触が掴めたので、日亜化学以外からの出願も併せて調べるために、出願人の限定を外してみましょう。「窒化」AND「半導体」だけで検索するとなんと5600件を越えるものすごい件数になります。「窒化」AND「発光」ではどうでしょうか。578件、一覧表示ができる500件は越えていますがまあまあな件数です。試しにAND「半導体」とすると467件となって一覧表示ができる件数になります。

 一覧表示を見ると、GaN系発光素子から外れる内容のものはほとんどなさそうで、検索としては妥当な感じがします。もちろん「窒化」「半導体」「発光」という語のいずれかを使っていない件はこの検索からは漏れているわけですが、通常の調査であればこの程度でよいのではないかと思います。上記のように試行錯誤をして自分の探しているテーマが外れてしまわないように、しかも現実に内容を調べられるくらいまで件数を絞るのが、検索のテクニックです。あとはしらみつぶしに内容を読んでみるしかありません。

 さて、この特許検索を始めたきっかけはダブルヘテロ構造とは何かを調べようとしたことでした。ダブルヘテロ構造について書いてある特許は簡単にみつかります。一覧表示の一番下に近いところ、すなわちかなり早い時期に出願された特許に、特許2560963号、2560964号というのがあります。番号のところをクリックして内容を見てみて下さい。これも日亜化学からの出願です。

 n型のGaNとp型のGaNの間にInGaNという混晶を挟んだ構造にすることがこの特許の発明の内容です。GaNとInGaNの接合はヘテロ接合ですが、このヘテロ接合が2つあるので、これをダブルヘテロ構造と呼んでいます。このダブルヘテロ構造を用いると、発光の強度を改善することができます。その原理については次回説明することにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さらに特許検索 石くれと砂粒の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる