石くれと砂粒の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 半導体レーザ(全体を見渡す)

<<   作成日時 : 2007/05/13 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回、つぎは誘導放出についての説明を始めると書きましたが、もう少し全体を見渡してから本題に入った方がわかりやすいかなと思い直しました。半導体レーザはいろいろな技術、知見が駆使されてできています。そこでまずはどんな技術が使われているかをまずリストアップし、それらを順に説明していくことにしたいと思います。

1.発光の原理
 これが誘導放出と言われる現象です。半導体レーザだけでなく、あらゆるレーザに共通の発光原理です。

2.光学的要素
 @光共振器 簡単に言えば鏡を向かい合わせたものですが、これもあらゆるレーザで使わせています。
 A光導波路 光を狭いところに閉じこめて伝える技術です。半導体レーザだけに使われているとは言えませんが、半導体レーザでは基本的に重要な要素です。

3.電気的要素
 これはレーザのなかでは半導体レーザに固有の技術で、電子と正孔をどのようにコントロールして流すかという発光ダイオードでも使われている技術です。

4.半導体材料
 半導体レーザはたくさんの半導体結晶層を積み重ねて作られます。各層の材料は勝手に選べるわけではなく、半導体材料の性質によって選ばれます。

5.レーザ光の性質
 これは半導体レーザの要素ではなく、はたらきの結果ですが、どういう光が出てきているかを知らなくては、半導体レーザを改良することも応用することもできません。またこの性質をどのように計るのかという技術も重要です。

6.信頼性の確保
 どんなにすばらしいものができてもすぐ壊れてしまっては製品として使えません。半導体レーザは砂粒のようなところに大きな電流を流すために長持ちさせる技術が重要で、信頼性を確保するために全体の構造が決まっているといっても言い過ぎではありません。

 このほか、個別の応用のための技術もありますが、半導体レーザ素子そのものに関わる技術がこんなものでしょうか。次回以降これらを少しずつ説明していきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
半導体レーザ(全体を見渡す) 石くれと砂粒の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる