石くれと砂粒の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 半導体レーザの応用(光通信)

<<   作成日時 : 2008/04/06 23:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 半導体レーザそのものの技術について、大きなところは大体終わりました。もちろんまだ触れていないこともありますが、キリが無くなるのでこの辺りにしたいと思います。つぎに半導体レーザは何に使うのかについて、簡単に説明していくことにします。

 まず重要な応用は光通信の分野です。光通信とは光ファイバを使った通信と言い換えてもよいでしょう。広い意味では光ファイバを使わない光通信もあります。船と船の間で光をチカチカさせて情報を交換することは昔から行われていますが、このように空中に光を放射して行う通信もあります。ただ光は直進するので、このようなやり方は障害物があるとだめで、広い海の上とか見通せる範囲に限られてしまいます。このため光を使った通信技術でもっとも重要なのはやはり光ファイバを使った通信ということになります。

 では昔から使われている電気信号を使った有線、無線の通信に比べて光通信は何が優れているのでしょうか。第1に通信としてもっとも重要な秘密が守りやすい、盗聴されにくいという点があります。電気通信は無線の場合、空中に電波を飛ばすので他人が受信しやすいことになります。有線でも電磁誘導現象を使えば、通信内容を第三者が通信している本人に気付かれずに聞ける可能性があります。光通信では光ファイバを伝わる光を一部取り出さない限り通信内容が漏れることはありません。気付かれずに光ファイバから光を分岐させることは困難です。
画像
 また電磁誘導は電気通信の妨害にもなります。電気通信の場合、雷などの自然現象や他の電気信号がそばを通っていたりすると、電磁誘導によってそれが伝送路に紛れ込み通信内容が乱されやすいですが、光は基本的に電磁誘導とは関係がないのでこのようなことはありません。

 さらに光の方が大量の情報を送るのに適しています。それについてこれから説明します。通信システムは図Aのように必ず送信機と受信機、それにその間を結ぶ伝送路からなります。光通信の場合は送信機に光源が必ず備えられています。そしてこの光源から出る光の強度を変えて信号を送ります。伝送路は光ファイバです。

 この送信する信号にしたがって光の強度を変えることを光変調と言います。光をオンオフして0と1の信号を作るのがデシタル変調です。音声信号など電気信号の波形の通りに光の強度を変えるのがアナログ変調です。

 光通信と言っても元の信号は電気信号です。例えばコンピュータで作ったEメールの文章を送る場合、これはデジタル電気信号です。半導体レーザは流す電流を変えれば、デジタル変調もアナログ変調も行えますので、コンピュータからのデジタル電気信号に従って半導体レーザに電流を流します。この方法を直接変調と言いますが、他の気体レーザや固体レーザではできないので、半導体レーザの特徴になります。

 ただし非常に高速の信号になると半導体レーザの直接変調ではついていけなくなります。その場合は他のレーザと同じように半導体レーザは一定強度で連続動作させておき、別に高速で動作する光変調を専門に行う素子(光変調器)を使います。図Aはこの場合を示しています。

 変調された光は光ファイバを伝わって信号を受け取る受信機に送られます。受信機には光検出器(受光素子)が備えられていて、光の信号を電気の信号に変えます。これをコンピュータに処理させれば、人間が読むことのできる情報となります。

 通信は放送などの特別な場合以外は一方通行ではありません。Eメールに返信できる必要があるように信号をやりとりできることが必要です。このためには両側に送信機と受信機が必要です。光ファイバも行き帰り2本必要なように思いますが、実際は1本で済みます。波長の違う光は混じり合うことがないので、両側の送信機にある光源(半導体レーザ)の波長を変えておけば、図Bに示すように1本の光ファイバで行き帰りの信号を同時に送れます。現在、インターネットの情報を送受するために、FTTH(Fiber To The Home)と言って個人の住宅まで光ファイバが繋がるようになってきていますが、局から家庭へ送ってくる信号と家庭から局へ送り返す信号とは違う波長を使っています。

 この何年かの間にインターネットの使用量がどんどん増えて、莫大な量の信号を送らなければならなくなっていますが、そうするためにはどうすればよいでしょうか。まずは光ファイバの本数を増やせばよいのですが、長い距離の光ファイバをたくさん張り巡らせるのはとても大変です。

 それならば信号のオンオフを早くすることも考えられます。1秒間に100回オンオフしていたのを1000回にすれば、同じ時間で10倍の情報が送れます。このオンオフの早さの単位がbpsです。これはビット・パー・セカンドの略で、1秒間に何ビット送れるかを表します。FTTHの場合でも実際に数10M(メガ)bpsで信号を送っています。つまり1秒間に100万ビットもの信号を送っています。

 随分早いように思いますが、局と局の間や、さらには外国との間などになると送る必要のある情報の量は各個人が送ったり受けたりする量すべての足し合わせになるので、膨大です。そこでこのような通信には10G(ギガ)bpsなどというさらに1000倍も早い速度で行われています。

 しかし信号のオンオフは無限に早くできるものではありません。ではどうするかについては次回に。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
半導体レーザの応用(光通信) 石くれと砂粒の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる