石くれと砂粒の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽光発電システムの構成(その2)

<<   作成日時 : 2009/09/20 23:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 前回は主として独立型システムについて、2次電池への充電機能をもつ太陽光発電システムを紹介しました。今回は商用電源系統との連携についてもう少し説明します。

 発電・送電システムが一つの発電所から家庭などの負荷に電力を供給する系統であれば話は簡単です。基本的には1個の電池に豆電球(古いというならLEDでもいいですが)をつないで光らせる回路と変わりません。

 しかし実際には発電所は1つではなく複数あり、これらが連携して非常に多くの負荷に電力を供給しています。こういう場合、ある発電所で発電された電力がどう流れてどこの負荷で消費されているのかは非常に複雑でよくわかりません。このような電力の流れのことを電力潮流ということがありますが、この電力潮流がうまくコントロールされているので、電力が問題なく利用されているのです。このコントロールが乱れると停電事故が発生したりすることになるので、電力潮流制御という技術は非常に重要です。

 各家庭で太陽光発電を行い、これを商用電源系統に接続するということは、小さい出力ながら一発電所としてこの電力潮流のなかに入ることですから、系統に合わせた調整が必要となります。大雑把には図Aのようなシステムが使われます(特開2004-15035号より)。
画像

 太陽電池パネル1で発電された電力は接続箱2を介してインバータ3に接続され、交流に変換されます。このインバータは制御部14によってコントロールされています。発電された電力は家庭内の電気機器(負荷)9、10で使用されますが、余れば電力会社5、つまり商用電源系統に供給されます。分電盤4は各系統の接続、切り離しを行います。

 もう少し具体的にどんなことが行われているのか、中身を詳しく見てみましょう。図B
はこの太陽光発電システムと分電盤の中身を示しています(特開平11-225440号より)。図AとBは別の特許から引用していますので、細かいところでは食い違いがありますが、概略このような仕組みになっていると理解して下さい。

 太陽電池パネル20は電力変換器23に接続されています。この電力変換器は基本的にはインバータです。電源系統ACに連携させる場合に重要なことはインバータで変換した交流の位相が電源系統の位相と一致していなければならないということです。位相を一致させるというのは交流電圧が周期的に変化している山谷の時間を一致させるということです。これが合っていないと電力は損失し、電源系統にうまく供給されません。

 この位相を一致させるには1秒間に50回か60回振動している交流電圧の瞬間的変化を知る必要があります。このため電源系統側の電圧の位相を調べているのが連携保護回路25です。その結果を制御回路26に送り、制御回路はそれに基づいたタイミングでインバータが動くようにコントロールします。なお、22a、22bは開閉器(スイッチ)で、電源系統側に停電事故などがあった場合に、インバータを切り離すはたらきをします。

 以上の発電システムと電源系統ACの間に分電盤1があります。分電盤というのは家庭にあるのを見ればわかるように、要はブレーカの集まりで、異常から機器を保護するのが役目です。図ではリミッタ11、主幹ブレーカ12、連携ブレーカ21、分岐ブレーカ13があります。

 リミッタ、主幹ブレーカ、分岐ブレーカは太陽光発電を行っていないシステムでも使われます。全体として過大な電流が流れたらリミッタ、主幹ブレーカが切断され、特定の範囲に過大電流が流れたら分岐ブレーカが切断されます。連携ブレーカは太陽光発電システムを分電盤と完全に切り離すことができるように設けられています。

 各ブレーカが切断されていないで、インバータの出力の位相が正しく制御されていれば、太陽電池が発電した電力は分岐ブレーカの先にある家庭内の機器によって消費されます。さらに電力が余っていれば、それは電源系統側に流れ込むことができます。

 一方、夜間や天候などの影響で太陽光発電がされていないか少なく、家庭内の機器を動作させるのに不足する場合は、電源系統側から電力が供給されることになります。

 電力計4aと4bは互いに逆向きの電力を測定するようになっています。太陽光発電の量が不足し、電源系統から電力が流れ込んでいる場合は電力計4aがその量を計り、いわゆる買電の量を示します。逆に太陽光発電の量が余って電力が電源系統の方へ逆流している場合は電力計4bがその量を測定し、売電した量を示します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スマートグリッド情報
ITを活用して一般家庭などの電力を効率的に利用するスマートグリッドは、地球温暖化対策の切り札として世界の有力企業が事業化に向けてしのぎを削っている。 電力計など期間技術を握る起業の争奪戦も激化している。 ...続きを見る
太陽光発電価格
2011/05/15 22:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
太陽光発電システムの構成(その2)  石くれと砂粒の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる