石くれと砂粒の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱電気現象

<<   作成日時 : 2010/05/16 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 半導体の最大の特徴は電気伝導特性にあるわけですが、そのほかにも特徴的な現象があります。「半導体の理論と応用」(以下、本書)では「第2の特長」として熱電気現象を取り上げています。

 熱と電気の関係で真っ先に頭に浮かぶのはジュールの法則でしょう。金属や半導体に電流を流すと熱が発生するという現象です。この現象は回路中の電気抵抗で消費されるエネルギーが熱(ジュール熱と言うことがあります)に変わるというものです。半導体デバイスを動作させるために電流を流すと無用なジュール熱が発生し、デバイスやその周囲の温度上昇を招き、ひいては故障の原因になるので嫌われます。積極的な応用はあまりありません。

 ジュールの法則以外に、熱電気現象については、ゼーベック効果、ペルチェ効果、トムソン効果という3つの効果が19世紀に発見されており、本書でもこれらについて論じられています。

ゼーベック効果

 図のように2種類の導体1、2を接続し、接合点AとBの温度をdTだけ変えると、導体中に電流が流れます。この現象は早くも1822年にゼーベック(T. Seebeck)によって発見されています。ゼーベックはこの効果は金属に比べて半導体の方が数百倍も大きいことも見出しています。
画像
 電流が流れるということは2つの接合点の電位が異なるということで、これは一方の線を図のように切断してその両端の電位差V12を計ることによって確かめることができます。このV12のことを熱起電力と言います。この熱起電力と温度差dTの間には図中の式のような関係があります。α12を熱起電能(thermoelectric power)と呼びます。

 半導体ではありませんが、2種類の金属線を使って熱起電力を測定することにより、温度を測定することができます。これを熱電対と言います。2つの接合点のうち、一方を一定温度、例えば氷水で0℃に保ち、他の接合点を測定したい物に接触させます。温度と起電力の関係は予め計っておく必要がありますが、有名な組み合わせの熱電対については精密な数表が用意されています。現在ではこの数表(テーブル)を内蔵した電子温度計が使われています。

ペルチェ効果

 一方、2種類の導体をつないだ回路に電流Iを流すと、その大きさに比例して熱量Qを発熱したり吸熱したりする現象が起きます。この現象は1834年にペルチェ(J. C. Peltier,、ペルティエと書かれることもあります)によって発見されたので、ペルチェ効果と名付けられ、比例定数のΠ12はペルチェ係数と呼ばれます。

 発熱という点ではジュール熱と似ていますが、電気抵抗とは関係なく別の現象です。また電流の向きによっては吸熱も起きる点が特徴です。吸熱が起きるということは物を冷やすことができるということで、この効果を使ったペルチェ素子という冷却装置が知られています。ペルチェ素子の具体的構造などについては別途取り上げたいと思います。

トムソン効果

 さらにもう一つトムソン効果は1つの導体が対象です。導体中に温度勾配dT/dxがあるとき、電流Iを流すと、発熱または吸熱はこの温度勾配の大きさと電流の積に比例するというものです(比例定数λはトムソン係数と呼ばれます)。1852年にトムソン(W. Thomson)によって理論的に予想されました。

 ここでは省略しますが、本書にはこのトムソン効果によって、ゼーベック効果とペルチェ効果は密接な関係があることが詳しく説明されています。これによってゼーベック効果の大きい半導体ではペルチェ効果も大きいことが示されました。




熱電変換システム設計のための解析?ペルチェ冷却・ゼーベック発電
森北出版
小川 吉彦

ユーザレビュー:
とても良い本と思いま ...
ペルチェ冷却・ゼーベ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱電気現象 石くれと砂粒の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる