石くれと砂粒の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS オイラーの公式

<<   作成日時 : 2010/09/12 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 前回、光が粒子的性質をもっていることを説明しましたが、光はもともと波動としての性質をもっていることがよく知られていました。一方、電子は粒子としてのイメージが強いと思いますが、波動としての性質をもっていることが量子論が提唱された最初の頃に示されています。このようなことから量子力学を勉強するためにどうしても波動を表す数式を知っておく必要があるのです。

 もっとも基本的な波というと、正弦波とかサイン波として知られているように、サイン、コサインの三角関数で表されるものでしょう。これ以外にも方形波とか三角波とか波形は無限にありますが、これらも三角関数の重ね合わせで表されるので、やはり基本はサイン波ということになります。

 ところが波動を扱う理論では三角関数を使って直接式を展開することはあまり多くなく、複素数を使うのが普通です。そのベースになっているのが、オイラーの公式です。
   (1)

 この公式がどこから導かれるのかの証明は省略します。お知りになりたい方は吉田武著「オイラーの贈物」(東海大学出版会)を参照下さい。この本はオイラーの公式を理解することを目的として書かれたユニークな本です。第8章に、級数展開による公式の導出が書かれています。以前この本はちくま学芸文庫に入っていたのですが、この手軽だった文庫版は現在では絶版になっているようです。

 さて、この公式の左辺の複素指数関数で波を表すと便利なことを一例で示してみます。(1)式の右辺をθで微分します。複素数を表すiは定数とみなしておきます。すると
   (3)
となります。一方、左辺の微分は同様にiを定数とみなせば
   (4)
となります。この(4)式右辺に(1)式を代入するとi2=-1ですから(3)式右辺に等しくなることが分かります。
 
 これから言えそうなことは波を表す三角関数を微分や積分したいときは計算が簡単な左辺で計算し、あとでオイラーの公式を使って三角関数に戻せばよいということです。しかも実際の現象を表すには実数部なら実数部だけ、虚数部なら虚数部だけどちらか必要な方だけを取り出せばよいのです。この例ではどちらの計算も大差はありませんが、複雑な式を扱う際には指数関数の方が楽です。

 ところで
 
です。一方
 
ですから
   (5)
とかけることが分かります。複素数については(1)と(5)の関係を複素共役(きょうやくと読みます。きょうえきと読まないで下さい)と言います。
画像
 つぎに(1)、(5)式の両辺に実数rをかけてみます。
 
 

ここで
 
 
とおくと、
 
です。これは図Aに示すような半径rの円の方程式ですから、が0°から360°(0〜2ラジアン)まで変化するとこの円を一周することになり、rとをいろいろ変えれば複素平面のすべての点を表せることになります。

 つまりオイラーの公式を拡張して
  (6)
   (7)
とすると、この(6)、(7)式は、複素平面上の点Pを表す式ですが、これはそのまま図Bのようなx−y座標または極座標での点PxyまたはPrθを表すことになるのがわかります。

 これらを使うと波動に関する理論式が簡単に書けるようになります。次回は波動方程式について勉強します。




オイラーの贈物?人類の至宝eiπ=-1を学ぶ
東海大学出版会
吉田 武

ユーザレビュー:
オイラーの公式:ex ...
数学の包括的な"参考 ...
普通の教科書の寄せ集 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オイラーの贈物?人類の至宝eiπ=-1を学ぶ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく拝見させてもらってます。

オイラーの公式って本当にすごいですよね。
あのファインマンに「これは人類の至宝である」
と言わせたほどですから。

これからの更新も楽しみにしています。

リグア
2010/09/17 13:34
リグア様

お読みいただきありがとうございます。
おっしゃる通りオイラーの公式だけでも書くことはたくさんあると思いますが、ここでは1回のみで先を急ぎます。
これからもご意見をいただければと思います。
砂粒
2010/09/17 20:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
オイラーの公式 石くれと砂粒の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる