石くれと砂粒の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 静電気破壊の理論モデル

<<   作成日時 : 2013/08/18 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 静電気放電によって接合が破壊されるとき、何が起こっているのかについての理論モデルを今回は取り上げます。

 少し調べてみると、現在のところWunsch-Bellモデルという1968年に発表された理論が実験結果にも比較的よく合うということで一般に認められているようです。このモデルはつぎのような機構で接合破壊が起こると考えています。

 前回説明したように静電気放電が起こると非常に短い時間に貯まっていた電荷が結合消滅しますが、それに伴って大きな電流が導体中を流れ、電流パルスが発生します。そこに電子機器などがつながっていると半導体デバイスにも電流が流れることになります。また直接つながっていなくても、静電誘導によって電流が流れることがあります。

 この電流、すなわち電子の流れそのものによって半導体の接合が破壊されることも考えられますが、このモデルではそのような考えは採用していません。半導体中を電流が流れるとジュール熱により接合温度は上昇しますが、静電気放電による瞬時の電流が非常に大きいと接合温度は半導体が融解するほどの高温に急上昇し接合は破壊に至ると考えられます。つまり熱による温度上昇を考えたのがこのモデルです。

 このモデルについてはいろいろな書籍や論文で触れられていますが、原論文は別にして理論の詳細について書かれているものはあまり見かけません。そこで備忘のためも含めて少し丁寧に書いておきたいと思います。

 まずは熱伝導理論のおさらいとして熱の伝わりを表す方程式を導きます。位置xでの熱の流れはその付近での温度Tの変化に比例すると考えます。1次元の式で表すと次式のようになります。
    (1)
これをフーリエの法則と呼んでいます。ただし、熱の流れを表すJは熱流束密度(単位:W)という物理定数です。またλは熱拡散定数(Wm/K)です。右辺にマイナス符合が付いているのは、温度が高い方から低い方への熱の流れを正とするためです。

 一方、位置xとx+dxという狭い区間に流れ込む熱は、位置xでの温度の時間変化を引き起こします。差し引き流れ込む熱は位置xとx+dxでの熱流束密度の差として表されますから、次式が成り立ちます。
    (2)
ここで定数Cvは熱容量(J/mK)と言います。実はCvTはエネルギーに相当し、(2)式はエネルギー保存則に相当します。この式の右辺第1項のJ(x)に(1)式を用い、第2項のJ(x+dx)を
  
と表して(2)式を書き直すと次式が得られます。
  
      (3)
この(3)式を熱伝導方程式と呼んでいます。これは拡散現象におけるフィックの第2法則と同じ形の偏微分方程式で、境界条件を与えると解くことができます。

 ここでは数学的にまともに解く道筋を辿るのは止めにして、よく知られている解を示します。
    (4)
このTをtで偏微分(xを定数とみなして微分)したものと、xで2回偏微分したものを比較すると(3)式を満たすことが示せます。つまり(4)式は(3)式の解の一つになっていることが確認できます。この解はtを0に近づけると、
   
   
となります。また
   
です。つまりt=0の初期状態では、x=0のところにQという熱量が集中して存在するという境界条件での(3)式の解が(4)式であるということになります。熱量Qのパルスがx=0のところにt=0の時点で投入され、その後の変化を(3)式は表していると言えます。

 t=0の瞬間に、x=0のところに熱パルスが存在するというのは現実の姿からは少し遠いようにみえます。現実には一定時間tp、熱の投入が続くと考えると、温度Tは(4)式をこの時間の間で積分して
   (5)
のように示されます。これが結論の式ですが、このままでは実験値との比較はむずかしいので、もう少し変形を加えます。

 まず
  
のような変数変換を行います。
  
あるいは
  
の関係を使って(5)式の積分を書き換えると
 
と書けます。これをさらに部分積分の公式
 
を使い、
  
  
とすると
 
     (6)
となります。ここで上式右辺第1項はy→∞で0となるので、 y=1/tpの下限を計算すると
      (7)
となります。

 さて以後(6)式でx=0の位置を接合の位置とみなし、この点だけを考えます。上式右辺第2項にはx2が含まれているので、この項は0となり、第1項すなわち(7)式の部分のみが残ります。したがって
   (8)
という関係が得られます。

 ここで接合に与えられる熱量は電流パルスによるジュール熱ですから、流れ込む電力をP、接合の断面積をAとし、半導体の密度をρ、比熱をCpとすると
 
の関係があり、また半導体の熱伝導率をKとすると、熱拡散定数λは
 
と書けるので、(8)式は次のように書き換えられます。
 
 これまで温度Tはとくに断らずに使用してきましたが、これな絶対零度を基準にした温度ではなく、熱量の投入による温度上昇を表しています。そこで基準となる室温をT0、接合が破壊する温度をTBとすると、上式は
   (9)
となります。これがWunsch-Bellモデルの結論の式です。破壊が生じるとき、流入電力P/Aは電流パルスの幅tpの平方根に反比例するという関係が示されています。
画像

 実験としてはパルス幅を固定し、投入電力を上げていきどこで破壊が起きるかを調べるか、または投入電力を固定し、パルス幅を長くしていったときどこで破壊が起きるかを調べます。結果をlog(tb)とlog(P/A)の関係をプロットすると図のように傾きが1/2になれば本モデルが妥当であると言えます。

 短いパルスの場合は破壊に大きな電力が必要で、長いパルスでは破壊に要する電力は小さいという点は常識的に理解でき、これが熱によって起こるならば、図のような関係が得られるというのが結論です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静電気破壊の理論モデル  石くれと砂粒の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる