石くれと砂粒の世界

アクセスカウンタ

zoom RSS アモルファスシリコン

<<   作成日時 : 2009/04/12 20:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 これまでシリコン系の太陽電池として単結晶と多結晶のシリコンを使ったものを調べてきました。この他、シリコン系太陽電池として実用化しているものにアモルファス(または非晶質)シリコン太陽電池があります。

 アモルファスシリコンは太陽電池以外では薄膜トランジスタ(TFT)に使われています。液晶ディスプレイの画素一つ一つにトランジスタを設け、画素のオンオフを切り換えるスイッチとしてはたらきます(http://denkou.cdx.jp/Ele/E3/EF3_3.html参照)。ただしTFTは光とは関係がありませんので、太陽電池用として使うには、光に対する性質を知る必要があります。
画像
 その話に行く前にアモルファスシリコンとはどのようなものかを復習しておきます。アモルファス(非晶質)ですから、もちろん結晶のように原子がきちんと整列してはいません。自由気ままな位置にあるものと考えてよいでしょう。ただTFTや太陽電池に使うアモルファスシリコンは基本的に薄膜です。例えば炭素で言えば黒鉛はアモルファス状態の塊です。シリコンにもそのようなものはあるでしょうが、ここで対象とするのは薄膜状態のものだけです。

 シリコンの場合も単結晶シリコンの上にエピタキシャル成長させれば単結晶薄膜ができます。しかし基板にガラスなどのアモルファス(非晶質)のものを使うとその上にできる薄膜も非晶質か多結晶になります。これがそのまま使えればよいのですが、スパッタリング法などでシリコン薄膜を作っても抵抗が高く、不純物を添加してもp型やn型の半導体にならないものしかできません。

 この問題に解決策を与えたのが、イギリス(スコットランド)のダンディ(Dundee)大学のSpear教授のグループでした。1975年のことです。

 シリコンは単結晶である場合と違って、アモルファス状態では図Aに示すように各原子の結合手がすべてきちんと相手を見つけて結合できず、空いた手ができてしまいます。この空いた手に結晶中では自由に動き回れるはずの電子が捕らえられてしまい抵抗の高い状態になってしまうのです。このようなものに不純物を添加して電子や正孔を供給しようとしてもうまくいきません。

 そこでSpear教授たちが考えたのが、薄膜を作るときに水素ガス中で行うという方法でした。こうすることにより、図Bのように水素がこの空いた手のところに入り込んでくれるので、電子はここに捕まることがなくなり、結晶の場合と近い状態で動くことができるようになります。不純物を添加すると、p型とn型を作り分けることも可能になりました。このようなアモルファスシリコンを水素化アモルファスシリコンと呼び、a−Si:Hという表記がよくなされます。
画像
 この水素化アモルファスシリコンの作り方は次回以降に取り上げるとして、ここでは光学的な性質が単結晶とどう違うかに触れておきます。まず単結晶の場合は、バンドギャップエネルギーより大きなエネルギーの光が入射すると、電子が励起されて電子−正孔対ができました。しかしこのバンドギャップというエネルギーの状態はそもそも原子が規則的に並んでいるからできるものです。アモルファス状態では違ってきます。

 しかしアモルファスといっても1つのシリコン原子の周りをみると、結晶の場合と似たような距離に隣のシリコン原子がいることには変わりがなく、1個の原子の近くに限ってみれば結晶の場合とそれほど違わないとも言えます。実験的にもアモルファスシリコンに光を当てるとある波長以上で吸収が強くなりバンドギャップに似たような状態ができていることがわかります。

 すなわち原子の並びが乱れているため、きちっとしたバンドギャップはできませんが、全然何もできないのではなく、少し境界がぼけたようなギャップらしきものはできるのです。このような状態を示したのが図C(特開昭56-104433号から)です。不純物を含まない単結晶ならば上下にEc、Evと書いた伝導帯と価電子帯の間には準位はなく、電子はこの間に留まることはできません。ところがアモルファスの場合には図のようにだらだらと準位があるとみなせるのです。このような状態はバンドギャップがあるとは言えないのですが、ある波長で光吸収が強くなる現象はあるので、「光学ギャップ」があると言っています。

 以上のような違いがあることから単結晶シリコンとアモルファスシリコンでは光吸収特性もかなり違ってきます。図Dはそれを示しています(特開昭56−114389号より)。横軸は波長で、右側の縦軸は相対感度となっていますが、これを吸収特性とみることができます。曲線Tが単結晶、曲線Sがアモルファスです。単結晶の吸収ピークは0.8μm辺りにあるのに対して、アモルファスは0.5μm辺りにあります。曲線Rは太陽光のスメクトルですが、アモルファスの吸収の方がこのピークに合っているのが分かります。

 また曲線TとSは最大値を100%にするように書いてあるので、これからは分かりませんが、実際にはアモルファスシリコンの吸収係数は単結晶のそれより大きいので、薄くても光電変換はよく起こるという利点もあります。アモルファスシリコン薄膜はガラス基板などの上に作ることができますから、単結晶シリコン基板が要らなくなり、コストが安くて済みます。

 こう見てくるとアモルファスシリコンは良いことばかりに見えますが、実際の変換効率は単結晶シリコンの半分くらいしかありません。また単結晶に比べると使っているうちに変換効率が下がってくるという劣化が起きやすいという問題もあります。なかなかどちらがよいという結論は出せないのが現状です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アモルファスシリコン 石くれと砂粒の世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる